トイレの蛇口をひねっても水漏れが直らないときは水道修理が必要か

毎日使うトイレだからこそ、水のトラブルに直面すると困ってしまいます。水が漏れているわけではなくトイレの水が止まらないというトラブルも珍しくありません。水道 修理が必要なのか気になるところです。

■便器の中に水が流れ続けるトラブルもある

トイレの水漏れとして報告されているトラブルに、少しずつ水が便器の中に流れているケースがあります。キッチンや洗面所の蛇口から漏れているなら蛇口のパッキンを交換するなど対処の仕方もあるかもしれませんが、便器の中に水が流れている場合は止水栓をひねって水を止めたとしても、次にトイレを使うことができなくなり困ってしまいます。
便器の中に水が流れ続けるケースのほかにも、手洗いの管の部分から水が出続けているケース、タンクの中の給水の水が止まらないケースもあります。

■なにが原因で水が止まらないのか

トイレの水漏れトラブルがすべて蛇口のように部品の交換などで対処できるなら良いのですが、トイレは複雑な仕組みになっているので、水が止まらない原因もいろいろあります。
手洗いの管部分から水が止まらない場合は接続部品が劣化していることや、玉鎖が絡まって不具合が起きていること、ボールタップが動いていないなどの原因が考えられます。
便器の中に水が流れ続けるのは、上記の原因のほか、オーバーフロー管の不具合もありますし、タンクの中の給水が止まらない場合は浮き球の不具合や故障も考えられます。

■まとめ
いずれのトラブルも部品を交換したり不具合を治すことで解消されますが、自力で直せないことも多くあります。その場合は専門業者に修理を依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ